国内外ニュース

商工中金「解体的再建」へ 社長辞意、職員2割処分

 商工中金本店=東京都中央区  商工中金本店=東京都中央区  中小企業庁の安藤久佳長官(右)から業務改善命令を受ける商工中金の安達健祐社長=25日午後、経産省  中小企業庁の安藤久佳長官(右)から業務改善命令を受ける商工中金の安達健祐社長=25日午後、経産省
 経済産業省は25日、中小企業を対象にした国の危機対応融資で不正があったとして、政府系金融機関の商工中金に5月に続く2度目の業務改善命令を出した。商工中金は同日、不正が4609件、融資実行額計2646億円に上ったとし、全体の2割超に当たる役職員800人以上を処分すると発表した。異例の大規模不正を受け、世耕弘成経産相は「解体的な出直しが不可欠」と述べ、業務や組織の抜本的な見直しを求めた。

 商工中金の安達健祐社長は中小企業庁長官から改善命令を受けた後、都内で記者会見し「適切な時期に社長の職を退く」と表明した。

(10月25日23時41分)

経済(10月25日)