国内外ニュース

ヘリ炎上事故に沖縄県抗議 米軍、不安与えたと謝罪

 取材に応じる沖縄県の謝花喜一郎知事公室長=25日午前、沖縄県北中城村  取材に応じる沖縄県の謝花喜一郎知事公室長=25日午前、沖縄県北中城村
 沖縄県東村の民間地に米軍大型輸送ヘリコプターが不時着、炎上した事故で、同県の謝花喜一郎知事公室長は25日、北中城村の米海兵隊キャンプ瑞慶覧でクラーク政務外交部長(大佐)に抗議し、現場周辺の米軍ヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)6カ所のうち集落に近い3カ所の使用中止などを求めた。

 県側が米軍に直接抗議するのは事故後初めて。謝花氏によるとクラーク氏は、事故で県民に不安を与えているとして謝罪した。事故原因は調査中と説明し、ヘリパッドの使用中止は「検討する」と話したが、明確な回答はなかった。

(10月25日12時30分)

政治(10月25日)