国内外ニュース

東証、午前終値2万1830円 21年ぶり高値、一時下げる

 東京証券取引所=東京・日本橋兜町  東京証券取引所=東京・日本橋兜町
 25日午前の東京株式市場は、前日の米株高や円安を好感した買いが強まり、日経平均株価(225種)は続伸した。取引時間中では1996年7月以来、約21年3カ月ぶりの高値を付けたが、利益確定売りに押され、下げに転じる場面もあった。

 午前終値は前日終値比25円61銭高の2万1830円78銭。東証株価指数(TOPIX)は1・76ポイント高の1758・68。

 24日の米ダウ工業株30種平均が好調な米企業決算を背景に終値の過去最高値を更新し、世界経済の成長への期待感が広がった。

(10月25日11時55分)

経済(10月25日)