国内外ニュース

北日本太平洋側、降水多く 気象庁の3カ月予報

 気象庁は25日、11月から来年1月までの3カ月予報を発表した。北日本(北海道、東北)の太平洋側と西日本(近畿、中四国、九州)の日本海側で12月以降、降水量が平年並みか平年より多いと予想されている。

 気象庁によると、偏西風が日本上空で北西から南東に流れるため、北日本付近は低気圧の影響を受けやすい。一方、東日本(関東甲信、北陸、東海)以西では、大陸からの寒気がやや流れ込みやすくなる。

 このため、12月以降、北日本太平洋側と西日本日本海側では、曇りや雨、雪の日が増える見込み。北日本の日本海側では、降雪量は平年並みか平年より少ない予想だ。

(10月25日17時50分)

社会(10月25日)