国内外ニュース

バス事故で児童16人けが、熊本 九州道、修学旅行中

 九州自動車道下り線のトンネル内で起きた多重衝突事故に遭い、移動されるバス=25日午後5時19分、熊本県八代市坂本町  九州自動車道下り線のトンネル内で起きた多重衝突事故に遭い、移動されるバス=25日午後5時19分、熊本県八代市坂本町
 25日午後2時50分ごろ、熊本県八代市坂本町の九州自動車道下り線のトンネル内で、大型観光バス4台と乗用車1台の計5台が絡む事故があった。バス4台には修学旅行中の鹿児島県の小学生や教諭ら計約150人が乗っており、児童16人の他、バス運転手の男性(62)が負傷して病院に搬送された。いずれも軽傷で命に別条はない。

 県警や学校関係者によると、バスは連なって走行していた。トンネルで別の乗用車が自損事故を起こして車線をふさいでいたため、先頭のバスは急停車したが、後続の4台が次々に追突した。県警が原因を調べている。

(10月25日19時50分)

社会(10月25日)