国内外ニュース

前原氏、希望合流「賭けだった」 民進・参院議員らの批判集中も

 民進党の前原誠司代表は25日の講演で、希望の党(代表・小池百合子東京都知事)との合流に関して「ある意味、賭けのようなものだった。みんなで合流したいと思っていたが、約束を守れなかった」と述べた。自身が主導した合流について「詰め」が十分でなかったことを認めた発言。民進党に残っている参院議員らの批判が集中しそうだ。

 講演で前原氏は、衆院選の公示前に枝野幸男元官房長官らによる立憲民主党設立を「想定内」としたことに関し「言い方は気を付けたつもりだったが、(報道機関に)そこだけが切り取られ拡散された」と釈明した。

(10月25日18時16分)

政治(10月25日)