国内外ニュース

東京国際映画祭、六本木で開幕 日本などの15作が最高賞競う

 東京国際映画祭が開幕し、レッドカーペットを歩く松岡茉優さん=25日午後、東京・六本木  東京国際映画祭が開幕し、レッドカーペットを歩く松岡茉優さん=25日午後、東京・六本木
 第30回東京国際映画祭が25日、東京都港区の六本木ヒルズを主会場に開幕し、国内外の監督、俳優らがレッドカーペットを歩いた。

 最高賞を競うコンペティション部門の15作品には、日本から大九明子監督、松岡茉優さん主演の「勝手にふるえてろ」と瀬々敬久監督の「最低。」が出品。コンペの審査委員長は米俳優トミー・リー・ジョーンズさんが務め、授賞発表は最終日の11月3日に行われる。

 長編3作目までのアジアの新鋭監督が競う「アジアの未来」や、独立系作品が競う「日本映画スプラッシュ」などの部門もある。

(10月25日18時51分)

文化・芸能(10月25日)