国内外ニュース

神事の馬、逃げた! 大阪天満宮、道路疾走

 大阪天満宮の神事のさなかに逃げ出した馬=25日午後、大阪市(ツイッターから)  大阪天満宮の神事のさなかに逃げ出した馬=25日午後、大阪市(ツイッターから)
 日本三大祭りの一つ「天神祭」として知られる大阪市北区の大阪天満宮で25日、伝統行事「流鏑馬神事」の最中に境内から馬1頭が逃げ出す騒ぎがあった。道路や橋の約600メートルを疾走して確保された。周辺には約400人の観客がいたが、けがはなかった。

 大阪天満宮や天満署によると、流鏑馬は境内と天満宮前の参道が会場。25日午後3時20分ごろ、会場を清める儀式中、突然、馬は乗っていた40代の男性神職を振り落とし、参道両脇に集まった観客の目の前で駆けだした。

 神職らが追い掛け、交番にいた署員も追跡。橋の南端で止まったため、署員が手綱をつかんだ。馬は興奮した様子だった。

(10月25日20時41分)

社会(10月25日)