国内外ニュース

「電車でGO!」新型発車 誕生20年、ゲーム内容変更

 タイトーのアミューズメント施設向けのゲーム機「電車でGO!!」  タイトーのアミューズメント施設向けのゲーム機「電車でGO!!」
 タイトーは25日、電車の運転を疑似体験できるゲーム「電車でGO!」の誕生20周年を記念し、アミューズメント施設向けの新型機を11月7日から順次全国展開すると明らかにした。関連するゲーム機の導入は約17年ぶりで、新型機の名称は感嘆符を一つ増やして「電車でGO!!」とした。

 ゲーム内容を変え、従来は制限速度を超えるなどのミスが重なると駅間で電車が止まって終了する場合があったのに対し、今回は決められた区間を走りきり、ルールを守ると得点が追加される。

 当初は東京中心部を走る山手線の一部区間を遊べる。料金は区間の長さで異なり、1回200円から。

(10月26日0時11分)

経済(10月26日)