国内外ニュース

タイ前国王のひつぎ、王宮を出発 王宮前広場で火葬式

 25日、プミポン前国王を追悼するため、王宮前広場周辺に集まった市民=バンコク(共同)  25日、プミポン前国王を追悼するため、王宮前広場周辺に集まった市民=バンコク(共同)
 【バンコク共同】タイの首都バンコクで26日午前、昨年死去したプミポン前国王のひつぎを、王宮から王宮前広場の火葬施設へ移動させる儀式が始まった。午後にはタイ王室や各国の王室・皇室関係者らが参列し、王宮前広場で火葬式が営まれる。秋篠宮ご夫妻は26日早朝、バンコクに到着された。

 前国王のひつぎは同日朝、兵士らが担いだこしに乗せられて王宮を出発。その後、王宮周辺で長さ約18メートル、高さ約11メートル、重さ約13・7トンの黄金色の装飾を施した車輪付きの乗り物に移される。兵士200人以上が引き、広場前に設置された火葬施設まで移動。同施設の最上部に安置される。

(10月26日11時25分)

国際(10月26日)