国内外ニュース

神鋼社長、午後会見へ 自動車などの安全性説明

 神戸製鋼所は26日、データ不正問題で川崎博也会長兼社長が同日午後3時から東京都内で記者会見すると発表した。性能データを改ざんしていたアルミニウム製品を使った自動車などの安全性の検証結果を説明する。

 不正はアルミ、銅製品のほか特殊鋼や液晶画面材料でも見つかっており、全製品の検証には時間がかかる見通し。経済産業省から積極的な情報開示を求められているため、検証を終えた製品から順次、結果を公表する。

 神戸製鋼は、顧客と約束した強度などの仕様を満たさない製品の検査データを改ざんし、顧客に納入していた。

(10月26日13時30分)

経済(10月26日)