国内外ニュース

女性暴行、研修医に無罪判決 さいたま地裁「人違いの可能性」

 酒に酔った女性を暴行したとして、準強姦罪に問われた東京慈恵医大病院の男性研修医(32)=休職中=の判決公判で、さいたま地裁は26日、「男性の犯行とするには合理的な疑いが残る」として無罪(求刑懲役4年6月)を言い渡した。

 佐々木直人裁判長は判決理由で「被害女性は相当強い酩酊状態にあった。人違いの可能性がないとは言い切れない」と指摘。女性が示談を望んでいたとして、起訴は有効ではないとの弁護側主張は退けた。

 弁護側は「女性はどこかで誰かに姦淫されたという記憶しかない。真犯人を誤って覚えている可能性がある」などと主張していた。

(10月26日15時01分)

社会(10月26日)