国内外ニュース

秀吉、信長ゆかりの品返還命じる 本能寺の変後、家臣に書状

 愛媛県の男性宅で見つかった豊臣秀吉直筆の書状(東京大史料編纂所の村井祐樹准教授提供)  愛媛県の男性宅で見つかった豊臣秀吉直筆の書状(東京大史料編纂所の村井祐樹准教授提供)
 天正10(1582)年6月に起きた本能寺の変後、明智光秀に討たれた織田信長ゆかりの品の略奪が横行したため、豊臣秀吉が家臣に略奪品の返還を命じていたことが、愛媛県の男性宅で見つかった直筆書状から26日までに分かった。

 東京大史料編纂所の村井祐樹准教授が25日に実物を調査し、秀吉が家臣に出した書状と確認した。

 書状は天正10年8月14日付で3人の家臣に宛てていた。「略奪品には今後一切関知しない」と記し、治安を回復させる取り組みは断念。一方で「上様(信長)からもらったものは元の持ち主に返す」と書かれ、信長の所有物やゆかりの品だけは返還を命じた。

(10月26日16時26分)

暮らし・話題(10月26日)