国内外ニュース

観光分野で日ロ協力を模索 官民の調査団、北方領土へ出発

 官民の北方領土調査団は26日、現地に向け、北海道・根室港をチャーター船で出発した。31日までの日程。4島での日ロ共同経済活動の実現をにらんだ取り組みで、6~7月に続き2度目の調査になる。今回は、日ロ首脳が合意した共同経済活動5項目のうち、主に観光分野での日ロ協力の在り方を模索する。関係先を視察し、ロシア側関係者から説明を受ける。

 団長を務める長谷川栄一首相補佐官は「今回の目的は(ロシアとの)プロジェクトづくりだ。具体化へ前進したい」と述べた。日本政府は視察結果を踏まえ、協力計画の策定に着手する。

(10月26日17時20分)

政治(10月26日)