国内外ニュース

神鋼、JIS認証取り消し 2年連続、新たに5件不正疑い

 記者会見の冒頭、謝罪し頭を下げる神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長(中央)ら=26日午後、東京都千代田区  記者会見の冒頭、謝罪し頭を下げる神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長(中央)ら=26日午後、東京都千代田区
 神戸製鋼所は26日、子会社のコベルコマテリアル銅管の秦野工場(神奈川県秦野市)が手掛ける銅管で、工業製品の品質や安全性の基準である日本工業規格(JIS)認証を取り消されたと発表した。神戸製鋼は昨年、別のグループ会社製品でも認証を取り消されている。2年連続の法令違反で信頼がさらに低下するのは必至だ。機械事業部門などでは不正が疑われる案件が新たに5件確認された。

 認証取り消しは、一連のデータ改ざん問題を踏まえた認証機関の秦野工場への立ち入り審査で、基準を満たさない製品のデータを改ざんして出荷していたことが判明したため。

(10月26日18時15分)

経済(10月26日)