国内外ニュース

米行き国際便で保安検査強化 搭乗時に聞き取り実施

 【ワシントン共同】世界各国の航空会社は26日、米国行き国際線で保安検査強化を始めた。テロ対策を強化する米政府の要請に基づく措置で、搭乗時に手荷物の管理状況などの聞き取りを実施。米メディアによると、日本を含む計105カ国にある計約280空港が対象になるとみられ、1日当たり約2100便に影響が出る恐れがある。

 爆発物を埋め込んだノート型パソコンの機内持ち込みを防ぐのが主な目的で、米運輸安全局(TSA)は「航空各社と緊密に連携して安全を確保する」と説明。航空各社は早めに空港に来るよう乗客に呼び掛けている。

(10月26日18時46分)

国際(10月26日)