国内外ニュース

神戸港に水族館や車の博物館 再開発用地に複合施設誕生へ

 神戸港の再開発用地に建設される水族館のイメージ図(住友不動産提供)  神戸港の再開発用地に建設される水族館のイメージ図(住友不動産提供)
 神戸市は26日、神戸港の約3万4千平方メートルの再開発用地に、巨大な円柱形の水槽を備えた水族館や、クラシックカーの博物館などが集まった複合施設を住友不動産などの企業グループが建設すると発表した。総事業費は約460億円。施設全体で年間約190万人が訪れると見込む。2021年度中に一部が開業する予定だ。

 市によると、水族館などが入る棟は延べ床面積約8千平方メートル。水族館は「大人向け」の狙いで、芸術や植物と融合した内容となる。デザイナー桂由美さんの作品などウエディングをテーマにした博物館も入る。高層マンションやオフィス棟なども建設する。

(10月26日18時50分)

暮らし・話題(10月26日)