国内外ニュース

NY市場、ユーロが下落 ECB決定で利益確定売り

 【ニューヨーク共同】26日のニューヨーク外国為替市場でユーロは対円で下落し、午前8時半現在は前日比64銭円高ユーロ安の1ユーロ=133円70~80銭をつけた。ユーロはドルに対しても値下がりした。

 欧州中央銀行(ECB)が同日決めた量的金融緩和策の縮小がほぼ市場予想通りの内容だったことで、ひとまず利益を確定させるためにユーロを売ってドルや円を買う動きが優勢となった。ユーロは対ドルでは1ユーロ=1・1744~54ドルをつけた。

 円は対ドルでは11銭円安ドル高の1ドル=113円79~89銭だった。取引材料に乏しく、狭い値幅で推移した。

(10月26日23時00分)

経済(10月26日)