国内外ニュース

GE、鉄道事業の撤退検討 事業見直し、米紙報道

 【ニューヨーク共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は26日、米電機大手ゼネラル・エレクトリック(GE)が鉄道事業からの撤退を検討していると報じた。関係者の話としている。8月に就任したジョン・フラナリー最高経営責任者(CEO)が進める事業見直しの一環だとしている。

 GEは今後2年間で200億ドル(約2兆3千億円)以上の資産を売却する計画で、ディーゼル機関車や鉄道向け機器を生産する事業を売却したり、本体から分離したりすることを検討している。

 GEは貨物機関車では世界最大級のメーカーの一つだが、最近は需要が鈍化している。

(10月27日6時35分)

経済(10月27日)