国内外ニュース

「女性の首絞めた」とメモ、大阪 死後長期経過か

 白骨化した遺体が見つかった現場のマンションに到着した鑑識捜査員ら=27日午前、大阪市阿倍野区  白骨化した遺体が見つかった現場のマンションに到着した鑑識捜査員ら=27日午前、大阪市阿倍野区
 大阪市阿倍野区のマンション一室のベランダから白骨化した遺体が見つかった事件で、室内に「女性に頼まれ、首を絞めて殺した」とのメモが残されていたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。遺体は女性用の下着と衣服を身に着けて、毛布にくるまれており、大阪府警は、賃貸契約をしている20代男性の知人女性の可能性があるとみて身元を調べる。

 捜査関係者によると、メモは男性が2010年ごろ書いたとみられ、「自分も死ぬ」とも記されていた。遺体の状態から、死後数カ月かそれ以上の長期間経過している可能性がある。

(10月27日14時16分)

社会(10月27日)