国内外ニュース

第四、北越の両銀行統合延期へ 公取委審査の長期化で

 新潟県を地盤とする県内最大手の地方銀行、第四銀行(新潟市)と2位の北越銀行(長岡市)が、来年4月に予定していた経営統合を延期する方向で最終調整していることが27日、分かった。

 両行が統合すれば、新潟県内の貸し出しシェアは5割を超えるため、公正取引委員会の審査が長引いていることが理由。延期期間は半年程度となる見通しだ。

 同じ県に拠点を置く地銀同士の経営統合を巡っては、長崎県でふくおかフィナンシャルグループと十八銀行が、同様に統合後の高い貸し出しシェアを理由に公取委の審査が通らず、延期となっている。

(10月27日11時00分)

経済(10月27日)