国内外ニュース

「黒髪強要」と生徒が提訴、大阪 府立高、指導で不登校

 大阪府羽曳野市の府立懐風館高3年の女子生徒(18)が、生まれつき茶色っぽい髪を黒く染めるよう教諭らにしつこく強要され、不登校になったとして、府に約220万円の損害賠償を求めて提訴したことが分かった。大阪地裁(安井龍明裁判官)で27日、第1回口頭弁論が開かれ、府側は請求棄却を求めた。

 訴状などによると、生徒は髪の色素が薄く、入学時に母親が「地毛が茶色なので配慮してほしい」と要請したが、生徒指導や学年主任の教諭らは黒くするよう繰り返し強要。痛みやかぶれが生じるほど何度も髪を黒く染めたにもかかわらず「不十分」などと指導し続け、昨年9月から不登校になった。

(10月27日11時30分)

社会(10月27日)