国内外ニュース

商工中金の民営化に慎重姿勢 経産相、危機対応を踏まえ

 世耕弘成経済産業相は27日の閣議後記者会見で、不正融資のあった商工中金の完全民営化について、民間金融機関がリーマン・ショックや東日本大震災といった危機状況で十分に対応できなかったことから、慎重姿勢を示した。「当時すごく議論して完全民営化を見送った」と述べた。

 経産省は今回の不正を受け、再発防止や企業統治強化を進める有識者らの検討会を設置した。世耕氏は「幅広くゼロベースで議論していただく。最初から結論を予断しているわけではない」とも述べたが、経緯を踏まえるべきだと強調した。

 商工中金は政府が出資する政府系金融機関。

(10月27日12時21分)

経済(10月27日)