国内外ニュース

南京虐殺記念日の動議可決 カナダ・オンタリオ州議会

 【ニューヨーク共同】カナダからの報道によると、東部オンタリオ州議会は26日、毎年12月13日を「南京大虐殺記念日」とする動議を可決した。

 中国系のスー・ウォン議員が提出したこの動議に法的拘束力はない。ただ、同議員が既に提出している同様の内容の法案が12月に審議される予定で、可決されれば州の正式な記念日として認められる見通し。

 中国系メディアによると、ウォン氏は声明で「動議可決は第2次大戦のアジアにおける恐怖を認めるものだ」と意義を強調した。

 州議会のホームページによると、法案はウォン氏が昨年12月に提出し、審議が進められてきた。

(10月27日13時36分)

国際(10月27日)