国内外ニュース

64年の東京をVRで再現 当時の渋谷の写真を募集

 前回、五輪・パラリンピックが開かれた1964年ごろの東京の写真を集めて、当時の街並みやその変遷を仮想現実(VR)で再現するプロジェクトを「一般社団法人1964 TOKYO VR」(理事・日本テレビ土屋敏男氏ら)が始めた。

 第1弾は再開発が進み、街並みが大きく変わろうとしている渋谷。デジタルハリウッド大が制作に協力し、「フォトグラメトリー」という最新技術を使い、複数の写真から3次元のCGをつくる。写真が多いほど、作品の精度が上がるため、64年の前後約10年間に撮影された渋谷の写真を募集している。

 写真をスキャンし、撮影年、場所、思い出などを記し、ウェブサイトのフォームから投稿する。投稿者の名前(ニックネーム可)はウェブサイトで公開される。

(10月27日16時45分)

暮らし・話題(10月27日)