国内外ニュース

名古屋駅にバーチャル女子アナ 電子看板で愛知観光PR

 電子看板に登場するバーチャル女子アナウンサー「沢村碧」のイメージ(ジェイアール東海エージェンシー提供)  電子看板に登場するバーチャル女子アナウンサー「沢村碧」のイメージ(ジェイアール東海エージェンシー提供)
 ジェイアール東海エージェンシー(名古屋市)は27日、ソニーと共同通信デジタル(東京)の開発によるバーチャル女子アナウンサー「沢村碧」が名古屋駅内のデジタルサイネージ(電子看板)に登場すると発表した。30日から11月5日までの7日間にわたり、愛知県の観光情報をPRする。

 沢村碧は、CGで作成した架空のキャラクター。文字情報として入力されたニュース原稿などを音声に変換し、読み上げる。ジェイアール東海エージェンシーが、新しい取り組みに着目して起用を決めた。

 新幹線改札前に設置した大画面で、名古屋市の「名古屋城本丸御殿」などの情報を伝える。

(10月27日16時51分)

経済(10月27日)