国内外ニュース

川崎重工、神戸製鋼に費用請求へ 問題アルミで航空機部品

 記者会見する川崎重工業の金花芳則社長=27日午後、東京都港区  記者会見する川崎重工業の金花芳則社長=27日午後、東京都港区
 川崎重工業の金花芳則社長は27日、東京都内で記者会見し、神戸製鋼所のデータ改ざん問題に関連して「われわれにかかった費用は当然(神戸製鋼に)請求したい」と述べた。取引先企業の間で、費用請求の動きが広がってきた。

 川重は、神戸製鋼がデータ改ざんしたアルミニウム製品を使って航空機のエンジンや部品、JR東日本の新幹線車両などを製造していたと明らかにした。航空機部品の納入先には米ボーイングが含まれているという。

 金花氏は、今後の神戸製鋼との取引について「原因と対策を見てから検討する」と述べ、調達先の切り替えに含みを持たせた。

(10月27日17時50分)

経済(10月27日)