国内外ニュース

両陛下、福岡と大分豪雨被災地に 「本当に大変だったと思います」

 九州北部の豪雨で災害対応に尽力した関係者をねぎらう天皇、皇后両陛下=27日午後、福岡県朝倉市(代表撮影)  九州北部の豪雨で災害対応に尽力した関係者をねぎらう天皇、皇后両陛下=27日午後、福岡県朝倉市(代表撮影)
 天皇、皇后両陛下は27日、空路で福岡県入りし、7月の九州北部の豪雨で被害が出た福岡、大分両県の被災地を訪ねられた。天皇陛下は被災者と会い「本当に大変だったと思いますが、良い方向に向かえるよう祈っております」と励ました。

 当初の予定は、福岡県で開かれる全国豊かな海づくり大会出席のため、28日から2泊3日の日程だった。だが7月の豪雨を受け、両陛下の強い意向で1日早めて被災地に足を運ぶことになった。九州北部の豪雨では両県で37人の死者が出た。

 両陛下は、被災地の同県朝倉市杷木地区に向かう車の中から、土砂が堆積している状況も視察した。

(10月27日19時51分)

社会(10月27日)