国内外ニュース

二重国籍で「議員資格なし」 豪副首相ら、与党過半数割れに

 【シドニー共同】オーストラリア最高裁は27日、二重国籍保有者の連邦議員就任を禁じた憲法に違反したとして、二重国籍が問題となっていた7人の議員(うち2人は辞職)のうちジョイス副首相ら5人について「議員資格なし」と判断した。

 ジョイス氏は、ターンブル首相率いる自由党と与党保守連合を組む国民党党首の下院議員。ジョイス氏の失職で、保守連合は下院(定数150)で過半数割れの75議席となる。上院(定数76)でも過半数に満たず、ターンブル氏は厳しい政権運営を迫られる。

 ジョイス氏の父親がニュージーランド出身で、自身が知らないままニュージーランド国籍も持っていたという。

(10月27日20時41分)

国際(10月27日)