国内外ニュース

世界遺産登録祈り演奏、長崎 五島の教会

 長崎県五島市の教会で開かれたコンサートで合唱する市民ら=27日夜  長崎県五島市の教会で開かれたコンサートで合唱する市民ら=27日夜
 長崎県五島市は27日、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本)が世界文化遺産に登録されることを祈り、市内の教会でコンサートを開いた。市民ら約200人が、オルガンやビオラの音色や美しい歌声に聞き入った。

 広島市の被爆者森佳代子さん(75)は、長崎原爆投下後の惨状を描いた曲などを歌った。地元の市民らは「アベ・マリア」を合唱した。

 五島市を含む長崎県・五島列島には、教会や集落といった四つの構成資産がある。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は来夏、日本政府が推薦している計12資産が登録にふさわしいかを最終審査する。

(10月27日20時56分)

文化・芸能(10月27日)