国内外ニュース

三菱ふそう、3万台リコール 5車種、火災発生の恐れ

 三菱ふそうトラック・バスは27日、エンジンの不具合で火災が発生する恐れがあるとして「ふそうスーパーグレート」など5車種3万2065台(2009年11月~14年12月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

 ほかの対象車種は「ふそうエアロエース」「ふそうエアロクィーン」やUDトラックスブランドで生産した「スペースアローA」と「スペースウィングA」。これまでに北海道や静岡県、大阪府、沖縄県で火災が起きている。

 国交省によると、5車種は5万キロに1回もしくは半年に1回、エンジンの燃料噴射装置の洗浄が必要だが同社はこうした情報をユーザーに提供していなかった。

(10月27日21時00分)

経済(10月27日)