国内外ニュース

W杯賞金総額は456億円 優勝43億、FIFA理事会

 【コルカタ(インド)共同】国際サッカー連盟(FIFA)は27日、インドのコルカタで理事会を開き、2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会の賞金総額を4億ドル(約456億円)とすることを承認した。

 優勝賞金は前回のブラジル大会から300万ドル増の3800万ドル(約43億3200万円)。出場チームは1次リーグで敗退しても800万ドルが与えられる。

 来年3月の理事会までに、年代別や女子、クラブW杯などFIFA主催大会の実施方式などを再検討することも決めた。インファンティノ会長は、W杯プレ大会として行われるコンフェデレーションズカップ廃止の可能性に言及した。

(10月27日21時37分)

サッカー(10月27日)