国内外ニュース

カタルーニャ州議会「独立宣言」 上院は自治権制限を承認

 27日、スペイン・バルセロナのカタルーニャ自治州議会で開かれた本会議(AP=共同)  27日、スペイン・バルセロナのカタルーニャ自治州議会で開かれた本会議(AP=共同)  27日、スペインのカタルーニャ自治州議会で、「公式の独立宣言」決議を可決し、拍手するプチデモン州首相(手前右から2人目)ら(ロイター=共同)  27日、スペインのカタルーニャ自治州議会で、「公式の独立宣言」決議を可決し、拍手するプチデモン州首相(手前右から2人目)ら(ロイター=共同)
 【バルセロナ共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州(州都バルセロナ)の独立問題で、州議会は27日、本会議を開き、「公式の独立宣言」決議を賛成多数で可決した。一方、スペイン上院は27日、自治州の閣僚解任や議会解散など自治権を制限する措置を賛成多数で承認した。中央、州両政府の対立は決定的となり、混乱は長期化しそうだ。

 州議会決議は、135議席のうち賛成70、反対10だった。独立反対派議員の大半は投票前に議場を退席した。

 上院が承認した州自治権の制限措置は(1)プチデモン州首相を含む州閣僚を即時解任(2)半年以内に州議会を解散し選挙実施―が柱。

(10月27日23時50分)

国際(10月27日)