国内外ニュース

フィギュア、宇野がSP首位 スケートカナダ、本田10位

 男子SPで演技する宇野昌磨=レジャイナ(共同)  男子SPで演技する宇野昌磨=レジャイナ(共同)  女子SPの演技を終え、得点を待つ間に舌を出す本田真凜。左は浜田美栄コーチ=レジャイナ(共同)  女子SPの演技を終え、得点を待つ間に舌を出す本田真凜。左は浜田美栄コーチ=レジャイナ(共同)
 【レジャイナ(カナダ)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは27日、レジャイナで開幕し、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨が103・62点をマークし、首位に立った。パトリック・チャン(カナダ)が94・43点で2位、無良崇人は74・82点で8位だった。

 女子SPで、GPシリーズデビュー戦の16歳、本田真凜はジャンプでミスが重なり、52・60点で10位と出遅れた。本郷理華は61・60点で6位、ケイトリン・オズモンド(カナダ)が76・06点でトップに立った。

(10月28日11時06分)

スポーツ(10月28日)