国内外ニュース

イラク首相、戦闘停止を命令 24時間、クルドと衝突受け

 【カイロ共同】イラクのアバディ首相は27日、軍に対し、北部クルド自治政府の治安部隊ペシュメルガとの戦闘を24時間停止するよう命じた。声明で明らかにした。自治政府の独立投票実施後、イラク軍は進攻を続け、26日にはクルド人自治区のトルコ国境地帯でペシュメルガと衝突し、緊張が高まっていた。

 アバディ氏は国境を中央政府の管理下としたい考え。声明で、戦闘停止の間「国境や係属を争う全ての地域へのイラク軍の配備について、双方による共同チームで協議する」とした。26日に衝突した地域は、トルコに通じる石油パイプラインも近い要衝。

(10月28日6時35分)

国際(10月28日)