国内外ニュース

赤道ギニア副大統領に有罪 公金で仏に豪邸や高級車

 【ナイロビ共同】フランスの裁判所は27日、アフリカ中部・赤道ギニアの公金を横領し、フランスで豪邸や高級車を購入したとして、赤道ギニアのヌゲマオビアンマング副大統領(48)に執行猶予付きの禁錮3年、罰金3千万ユーロ(約40億円)の判決を言い渡した。ロイター通信などが報じた。

 副大統領は赤道ギニアを1979年から支配するヌゲマ大統領の長男。裁判の記録によると、パリでディスコ付きの豪邸(約2500万ユーロ相当)や、最大で15台の高級車(計約570万ユーロ相当)を購入。使用人らの証言によると、フランスを訪れる際、札束が大量に入ったスーツケースを持ち歩いていた。

(10月28日9時41分)

国際(10月28日)