国内外ニュース

米国防次官補にシュライバー氏 アジア担当

 【ワシントン共同】米ホワイトハウスは27日、トランプ大統領が、国防総省で日本を含むアジア・太平洋の安全保障問題を担当する国防次官補に、ランドール・シュライバー元国務副次官補を指名する方針だと発表した。オバマ前政権で国防次官補を務めたデービッド・シアー氏の後任となる。就任には上院の承認が必要。

 トランプ氏のアジア歴訪を前に要職の人選を発表し、高官人事が遅れていることへの懸念を打ち消す狙いとみられる。

 承認されれば、トランプ政権のアジア政策を進める上で重要な役割を担う。

(10月28日10時01分)

国際(10月28日)