国内外ニュース

遺体は元交際相手の女性か、大阪 数年前に行方不明届

 大阪市阿倍野区のマンション一室のベランダから白骨遺体が見つかった事件で、遺体はこの部屋を借りている20代男性の元交際相手の女性とみられることが28日、捜査関係者への取材で分かった。女性は20代で、数年前に行方不明届が出されていた。阿倍野署捜査本部はDNA型鑑定などで身元の確認を進める。

 捜査関係者によると、室内には女性の名前とともに「女性に頼まれ、首を絞めて殺した。自分も死ぬ」と書かれた自筆のメモが残されていた。捜査本部は男性が死亡の経緯を知っているとみて、行方を捜している。

(10月28日10時05分)

社会(10月28日)