国内外ニュース

ロシア疑惑、初の訴追か 米大統領選、捜査急展開も

 【ワシントン共同】昨年の米大統領選にロシアが干渉した疑惑(ロシアゲート)で、CNNテレビは27日、首都ワシントンの連邦大陪審が同日、容疑者の訴追を認めたと報じた。訴追は非公開とされており容疑内容や容疑者の氏名などは明らかになっていない。説明を受けた複数の関係者の話としている。

 疑惑はモラー特別検察官が率いるチームが捜査しており、訴追は初めて。週明けの30日にも身柄を拘束する計画といい、捜査が急展開する可能性がある。トランプ大統領の元側近や政権高官らが訴追されれば、政権には痛手となりそうだ。

(10月28日11時57分)

国際(10月28日)