国内外ニュース

カストロ暗殺あの手この手 CIA、公開文書で判明

 キューバのカストロ前国家評議会議長(ロイター=共同)  キューバのカストロ前国家評議会議長(ロイター=共同)
 【ワシントン共同】病原菌を仕込んだダイビングスーツや爆薬を詰めた貝殻―。CIAがキューバの故カストロ前国家評議会議長を暗殺するために奇想天外な手段を検討していたことが27日、機密解除された米政府の報告書で分かった。

 CIAがカストロ氏の暗殺を企てたことは知られていたが、今回解禁された報告書ではその手口が詳細に記されている。

 75年作成の報告書によると、CIAに支援された亡命キューバ人武装部隊がカストロ政権転覆を試みて失敗した61年のピッグズ湾事件で、著名弁護士ドノバン氏を通じ、皮膚病などを引き起こす細菌をまぶしたダイビングスーツを贈呈する計画があった。

(10月28日21時56分)

国際(10月28日)