国内外ニュース

国立公園の魅力ドローンで 環境省、外国人向け発信

 十和田八幡平国立公園をドローンで撮影した動画の一場面(ネイチャーサービス、環境省提供)  十和田八幡平国立公園をドローンで撮影した動画の一場面(ネイチャーサービス、環境省提供)
 環境省は、国立公園を訪れる外国人観光客を増やすため、小型無人機「ドローン」を使って上空から動画を撮影、無料で配信する取り組みを始める。インターネット上での閲覧や海外のテレビ局に無償提供し、番組で紹介してもらうことを想定している。

 環境省が訪日外国人旅行者の誘致に向けて「国立公園満喫プロジェクト」に指定した8カ所を2017~18年度に撮影する。17年度は阿寒摩周(北海道)、十和田八幡平(青森、岩手、秋田)など5国立公園が対象。それぞれ特徴となる美しい自然を収録。例えば、十和田八幡平の動画は紅葉が見どころだ。

(10月28日17時31分)

暮らし・話題(10月28日)