国内外ニュース

スケート・ショート代表練習公開 リレー形式のメニューで汗

 調整する(手前から)吉永一貴、坂爪亮介=長野県南牧村  調整する(手前から)吉永一貴、坂爪亮介=長野県南牧村
 スピードスケート・ショートトラックのワールドカップ(W杯)に9月末から臨んでいる日本代表が28日、長野県南牧村で練習を公開し、第1戦で男子5000メートルリレーの銅メダル獲得に貢献した坂爪亮介、吉永一貴、女子の菊池純礼らがリレー形式のメニューに取り組んだ。

 平昌冬季五輪でのメダルを目標に掲げる坂爪は「みんなの力がついたという自信になっている」と充実の表情。18歳の吉永は「気を抜かずにレベルアップしていきたい」と力強く話し、菊池純は「男子に負けていられない」と活躍を誓った。

 W杯は上海で第3戦(11月9~12日)、ソウルで第4戦(16~19日)が行われる。

(10月28日17時36分)

スポーツ(10月28日)