国内外ニュース

先端技術で車の将来示す モーターショー一般公開

 トヨタ自動車の燃料電池車の試作車「ファイン・コンフォート・ライド」=28日、東京都江東区  トヨタ自動車の燃料電池車の試作車「ファイン・コンフォート・ライド」=28日、東京都江東区
 一般公開が28日始まった第45回東京モーターショーで、国内外の自動車メーカーは先端技術を搭載した試作車を出展し、各社が描く自動車の将来像を示した。注目が集まる電気自動車(EV)と自動運転に加え、トヨタ自動車は新型の燃料電池車、マツダは燃費を大幅に改良したガソリンエンジン車も展示した。

 トヨタは水素で走る燃料電池車の試作車「ファイン・コンフォート・ライド」を世界初公開した。1回の水素補充で千キロ走れ、人工知能(AI)を使った自動運転の機能も装備している。

 東京ショーは11月5日まで東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれる。

(10月28日19時01分)

経済(10月28日)