国内外ニュース

明徳サッカー部員2人逮捕、高知 現金奪い暴行の疑い

 高知県警須崎署は28日までに、同県須崎市の明徳義塾高の寮に侵入し、留学生の男性(21)の部屋から現金を奪い暴行したとして、住居侵入と強盗致傷の疑いで、いずれも1年で同校サッカー部に所属する16歳と15歳の男子生徒2人を逮捕した。容疑を認めている。

 同校は全国高校サッカー選手権に7回出場経験のある強豪校で、今年の県大会では11月3日に試合が行われる準々決勝に進出している。事件を受け、今月中に出場するかどうかを決める方針。

 容疑は26日午前5時ごろ、学校の敷地内にある寮に侵入し、留学生の部屋から現金1万円を盗み、留学生に暴行を加えて頭などにけがをさせた疑い。

(10月28日19時05分)

社会(10月28日)