国内外ニュース

JR北海道「国の支援求めたい」 不採算路線の維持費用で社長

 不採算路線見直し問題でJR北海道の島田修社長(右)と議論する高橋はるみ知事=28日午後、札幌市  不採算路線見直し問題でJR北海道の島田修社長(右)と議論する高橋はるみ知事=28日午後、札幌市
 北海道の高橋はるみ知事とJR北海道の島田修社長らが28日、札幌市の知事公館で会談し、同社が進める不採算路線の見直し問題を議論した。高橋知事は路線の維持費用について「いたずらに全ての負担を地域に求めず、必要な支援を国にも要請すべきだ」と指摘。島田社長は「JRが可能な限り負担し、地域の負担も検討した上で、国に支援を求めていきたい」と述べた。これまで、国への支援要請には慎重な考えを示していた。

 JR北は昨年秋、深刻な不採算から全路線の半分約1200キロを「単独では維持困難」と表明。路線維持を求める沿線自治体と協議しているが、費用負担を巡る議論は進展していない。

(10月28日19時31分)

社会(10月28日)