国内外ニュース

神鋼、業界指針適用せず 不正のアルミ・銅事業に

 神戸製鋼所本社=2017年10月20日、神戸市中央区(共同通信社ヘリから)  神戸製鋼所本社=2017年10月20日、神戸市中央区(共同通信社ヘリから)
 神戸製鋼所が、日本鉄鋼連盟が策定した品質管理強化のためのガイドライン(指針)を一連の検査データ改ざんが発覚したアルミニウム・銅事業に適用していなかったことが28日、分かった。指針の運用対象は鉄鋼・溶接事業にとどめるなど全社的に徹底されず、不正拡大を招いた可能性が新たに浮上した。

 指針は、加盟企業が08年に日本工業規格などで義務付けた製品の品質管理を怠る不祥事が相次いだことから策定。機械化の推進などを盛り込んでいる。

 新日鉄住金はチタンなどにも指針を適用し、不正を未然に防いでおり、神戸製鋼のチェック体制が業界水準に対して不十分だったことが分かった。

(10月28日21時31分)

経済(10月28日)