国内外ニュース

ケニア、野党地盤の投票を再延期 大統領選、治安回復せず

 【ナイロビ共同】ケニアで26日に行われた大統領選の再選挙について、野党候補オディンガ元首相の地盤、西部キスムなどでは暴動のため、投票が28日に延期されていたが、選挙管理委員会は治安が回復しなかったとして、同日までに無期限の延期を決めた。8月の大統領選では現職ケニヤッタ大統領が勝利し、オディンガ氏が敗北した。

 オディンガ氏は票の集計で不正が行われると主張して支持者に再選挙のボイコットを呼び掛け、28日は投票所が襲撃される懸念が高まっていた。

(10月28日21時52分)

国際(10月28日)