国内外ニュース

訓練中の陸自隊員不明 大分「けがの可能性も」

 陸上自衛隊第4師団司令部(福岡県春日市)は28日、大分県の日出生台演習場(由布市など)で訓練中だった第16普通科連隊(長崎県大村市)所属の男性2等陸曹(32)が行方不明になったと発表した。銃剣(刃渡り29センチ)や小銃、空包20発を携帯した状態で、第4師団は「けがをして動けなくなっている可能性もある」として約2800人態勢で捜索している。

 司令部によると、27日午後10時ごろ、敵と味方に分かれ、相手の陣地を2人一組で偵察して攻撃する訓練の際に、相方と離れて連絡が取れなくなった。

 日出生台演習場は総面積約4900ヘクタールで西日本最大の演習場。

(10月28日23時30分)

社会(10月28日)