国内外ニュース

平昌五輪前に4千件を検査 ドーピング対策でIOC

 【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)は28日、スイスのローザンヌで主要国際競技連盟(IF)の会長らスポーツ関係者を集めた五輪サミットを開催し、ロシアの国ぐるみのドーピング問題を受けた対応策として、来年2月の平昌冬季五輪前に1800人以上、計4千件以上の検査を実施すると報告した。

 検査は既に今年4月に開始され、来年1月まで。IOCは世界反ドーピング機関(WADA)などと協力して作業部会を設置。冬季競技のIFや各国の反ドーピング機関に対して違反の可能性が高い競技や国籍、近年劇的に成績を伸ばした選手らを検査するよう求めているという。

(10月29日7時56分)

国際大会(10月29日)