国内外ニュース

大迫は後半途中に退く ドイツ1部リーグ

 レーバークーゼン戦の後半、攻め込むケルンの大迫(左)=レーバークーゼン(共同)  レーバークーゼン戦の後半、攻め込むケルンの大迫(左)=レーバークーゼン(共同)
 【レーバークーゼン(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは28日、各地で行われ、ケルンの大迫勇也は1―2で逆転負けした敵地のレーバークーゼン戦で1―1の後半19分までプレーした。

 ドルトムントの香川真司は2―4で敗れたアウェーのハノーバー戦で1―2の後半開始から途中出場した。

 酒井高徳と伊藤達哉のハンブルガーSVは、アウェーで原口元気のヘルタに1―2で競り負けた。酒井高はフル出場し、伊藤は0―2の後半11分から入った。原口は出場停止でベンチを外れた。

(10月29日7時56分)

サッカー(10月29日)